大人ニキビの効果的な対策

誰もが1度は大人ニキビを経験したことがあるのではないでしょうか大人ニキビは思春期にホルモンのバランスの乱れで起きるニキビと違い、様々な理由で引き起こされます。例えばお肌の乾燥、タバコや紫外線で引き起こされる活性酸素、食生活の乱れ、化粧品などでの炎症などが挙げられ、女性ですと生理不順でのホルモンバランスの乱れなどでも起きやすくどれも大人さながらの理由が多いと言われています。やはり原因をしっかりと把握し、その原因とどう向き合うかで対策も変わってきます。
大人ニキビは繰り返しできやすい傾向にあるのでしっかりとしたケアが必要になります。それに加え、大人ニキビができる箇所で原因や体の不調な箇所が分かるとも言われています。おでこにできる場合は胃腸の乱れ、鼻周辺にできるものは大腸は肺・肝臓の乱れ、頬にできるものは女性の場合便秘や肝機能障害、口周りはビタミン不足や食べすぎ、あごにできるものは寝不足やストレスなどが例として挙げられます。大人ニキビはできると厄介ですが、体の不調を訴えるメッセージですのでできた箇所で原因を考えると良いと思います。
効果的な対策としてはやはり食生活と日々のスキンケアでしょう。食事は皮膚の炎症を抑えてくれるビタミンB2やB6を摂取することを心がけ、甘いものや脂っこいもの、刺激の強いものは控えると良いでしょう。また水を多めに飲むと体の老廃物を排泄してくれるので効果的と言われています。

大人ニキビと食べ物との関係

大人ニキビができる原因には、生活の乱れや精神的ストレスなどさまざまな要因が影響していますが、
食べ物による影響もとても大きいものです。
大人ニキビの原因になりやすい食べ物には、次のようなものがあります。

1)炭水化物
米やパン、麺類などの炭水化物を食べると消化により
糖分に分解され、さらに油分に変わります。
適度な量であれば問題はありませんが、摂取しすぎると、
大人ニキビの原因である皮脂の過剰分泌につながる可能性があります。

2)油分の多い食べ物
天ぷらやフライなどの揚げ物は特に、油分を多く含んでいます。
また見た目ではわかりにくいですが、一部のケーキやパン、菓子類にも
多量のバターやマーガリン等の油脂類が使われていることもあり、
これらの大量摂取が大人ニキビを引き起こす原因にもなります。

3)甘いもの
甘いものを食べるのが好きな女性は多いのですが、
特にケーキやアイスクリームなどの洋菓子類には多くの油が使われています。
1や2と同じ理由で、食べすぎると大人ニキビの症状につながることがあります。

3)刺激の強いもの
肌の状態は胃腸に大きく影響されます。
激辛ブームもあり、激辛カレー等のような辛い料理や食べ物を
口にすることが増えましたが、食べすぎると胃腸の調子が悪くなり、
大人ニキビのような吹き出物や肌荒れになりやすくなります。
胃腸に負担がかかるほどの量を食べないように心掛けたいものです。

大人ニキビを肌だけの症状と捉えてスキンケアや薬に頼るのではなく、
ふだんの食生活を見直し体の中から治していく必要があります。